レーシングサイクルの種類

究極のエコな移動手段として親しまれている自転車。その中でもレーシングサイクルとよばれるタイプの自転車はとても人気がありますが、種類が豊富、よりみどりでどれにしようか迷ってしまいます。そんなレーシングサイクルの種類について紹介します。

レーシングサイクルの主なタイプ

レーシングサイクルは自転車競技に使用される競技用自転車のこと指します。自転車競技もメジャーでないものまで含めると相当な種類がありますが、メジャーな競技用自転車は主に、ロードバイクなどの舗装された地面を走るオンロードタイプとマウンテンバイクなどの山道や舗装されていない地面を走るタイプのオフロードタイプにわけられます。

オンロードタイプの種類の自転車の特徴

オンロードタイプの代表格ロードバイクはツール・ド・フランスなどの自転車ロードレースに用いられ、主に舗装された道を走ります。長距離を高スピードで走るためにタイヤは細く軽量で、フレームも細く軽量であること、高低差の激しい舗装された山岳地帯の道路も走るため変速ギアの数が多いこと、体の空気抵抗を抑えるためにドロップハンドルが装着されるので乗車時に前傾姿勢になることなどが特徴としてあります。

速く走るのが好きでロードレースなどに使用したり、坂道の多い通勤や長時間の街乗りなどに使用する目的であればオンロードタイプが比較的向いています。デメリットはタイヤが細いためパンクの可能性や段差などに注意しないといけないことです。

またロードバイクに似たピストと呼ばれるタイプはトラックレースに用いられ、ロードバイクのような変速ギアがなく固定ギアとなっていて坂道には向きませんが、シンプルなデザインで街乗りとして人気があります。

オフロードタイプの種類の自転車の特徴

オフロードタイプの代表格はマウンテンバイクです。舗装されていない山岳地帯や荒地を高スピードで昇降し、段差のある場所や障害物の上を走行するために、タイヤはブロックタイヤを使用し変速ギアの数も多く、フレームは軽量で頑丈、衝撃吸収のためにサスペンションのついたフォークが搭載されている場合があること、悪路での安定した姿勢維持のためにフラットバーハンドルが装着されていることなどが特徴になります。

山道でオフロードレースに挑戦してみたい方、通勤や街乗りなどで段差の多いところを走る方、頑丈なものを選びたい方はオフロードタイプが比較的向いていますが、デメリットはオンロードタイプより重いので坂道に弱いこと、長距離走行で疲れやすいことなどがあります。

上記のような種類のほかに、オンロード・オフロードの両方のメリットを兼ねたクロスバイクというものもありますが専門的競技には向かなくなるといったデメリットもあります。自分の使用用途がどういうものかしっかり見極めてそれぞれの特徴を比較して目的にかなったレーシングサイクルを選ばれると良いでしょう。