レーシングサイクルの選び方

レーシングサイクルを選ぶ際には、各部の知識が必要となります。高価な物はすべての箇所が最高級品ですが、それが良いとは限りません。ですが、ただ安いだけの物も良くありません。初心者の「最初の一台」にふさわしい、最低限のラインを知る必要があります。

フレームはアルミがお勧め

レーシングサイクルのフレームには「アルミ」「鉄」「カーボン」「チタン」といった素材が使われます。

カーボンはとても軽いのですが価格が高めで、扱い方次第では割れてしまう可能性があります。金属と違い、そうなった場合に修理することはできず、買い直すことになります。鉄は重めですが、乗り心地が良く疲れにくいという利点があります。また、溶接を用いた修理が行いやすい、というのも用途によっては重要でしょう。

チタンは最も高価であり、丈夫で錆びないのですが、鉄とは逆に溶接修理が困難という難点も持っています。アルミは鉄よりも軽量ですが比較的安く、若干乗り心地が悪いことに目をつぶれば非常にコストパフォーマンスの良い素材と言えます。絶対に壊さないという自信が無いのなら、まずはアルミを選ぶのが無難でしょう。

コンポーネントのグレードはやや高めに

コンポーネントとはフレームに装着するギアやブレーキなどの部品群のことです。かつては多数のメーカーがバラバラに作っていましたが、組み合わせるとうまく動かない、ということも多かったため、現在は「確実に動く1セット」単位で扱われています。

現在出回っているコンポーネントは、日本の「シマノ」を含む三社の物がほとんどです。各社とも多数のグレードを用意していますが、高価なグレードのコンポーネントほど軽量になり、精度も良くなります。その結果、各部の動作は軽く、確実になります。最高級の物を選ぶ必要はありませんが、後からコンポーネントを交換するのは大変ですから、多少無理をしても中程度のグレードを選んでおきましょう。

それ以外の部分について

どんなに良いフレームとコンポーネントを使っても、ホイールまで気を配らなくては、それを活かせません。ホイールの素材にもカーボンとアルミがあり、フレームの場合と同じような特徴があります。すなわち、カーボンは軽量ですが破損もしやすく、アルミはやや重くなりますが破損しにくい、ということです。

初心者向けの選び方としては、これもフレーム同様にアルミにすべきでしょう。タイヤに関してはそれほど高級な物を買う必要はありませんが、レーシングサイクルでは独自のバルブが使われていますから、専用の空気入れが必要になります。

予算を考えない選び方なら、カーボンフレームで最高グレードのコンポーネントを使った物もありでしょう。しかし、壊れやすい上に修理もできず、反応も良すぎるのでは手に余ります。まずはこの最低限のラインをクリアする物を一台購入し、それに慣れる所から始めるのをお勧めします。