レーシングサイクルで自転車通勤する人たち

レーシングサイクルは舗装された道路を最も速く走ることが出来る自転車であり、自動車やバイクのようにガソリン代も必要ありません。デザイン性も優れているので、自転車通勤をしている人も多いでしょう。

行動を走る時の注意点

自転車は軽車両として取り扱われるので、公道を運転する場合には様々なことに注意をしなければいけません。通勤時にトラブルに巻き込まれると、会社にも迷惑をかけることにもなるので、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

まず特種な場合を除き、自転車は車道の左側を走らなければいけません。車道の右側や歩道を自転車で走ると、違反になる場合があるので注意が必要です。
また標識や踏切などの一時停止が義務づけられている地点では、しっかりと一時停止をしなければいけません。

自転車だから問題ないということはありませんので、注意が必要です。これらの違反行為をすると会社に迷惑をかけるだけでなく、罰金や懲役刑が科せられる可能性があります。

雨の日の走行

雨は自転車にとっては天敵であり、雨の日に運転をする場合は特に注意する必要があります。レーシングサイクルは他の自転車に比べて速いスピードが出ますので、特に注意が必要です。

まず雨の日に傘を差しながら運転しても、スピードを落とせば問題ないと思っている方もいるかもしれませんが、傘を差しながら自転車を運転するのは違反になります。なので雨の日に自転車を走行する場合はレインコートなどを着用するようにしましょう。しかし路面が濡れているとスリップなどの危険性が非常に高いので、雨脚の強い日には自転車通勤は避けた方がよいでしょう。

運動不足の解消

レーシングサイクルの運転は筋肉と体力を使うので、非常に良い運動になります。会社勤めで体力が落ちてしまったり、太り気味になってきたと悩んでいる人は、自転車通勤を行うことで運動不足の解消や、ダイエットにも繋がります。

通勤に使用するので日常的に運動をすることになるので、継続した運動ができるようになります。ダイエット商品を購入したりスポーツジムなどに通う必要もないので、自転車本体と整備にかかる費用以外には、お金がかかることもありません。

自転車通勤を行うことで風を感じながら心地よい運動ができ、ダイエット効果も期待できます。また通勤や運動に費用がかかることもないので、とても経済的です。ただし注意する点にはしっかりと注意しなければ、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので気を付ける必要があります。