レーシングサイクルで筋力アップ

筋力アップを目指す方にとって、有効な方法の1つにレーシングサイクルがあります。ロードバイクやクロスバイク等、競技やスポーツ向けに作られた自転車を利用してツーリングを行う事で、楽しみながら筋力アップや減量を行えるものです。

レーシングサイクルは何故、筋力アップに有効なのか

レーシングサイクルによるトレーニングは、自転車を用いるものです。自転車は消費カロリーに比較して体への負担が比較的軽い運動であり、移動距離も長く取れる特徴を持ちます。

この為、マイペースで行きたい所まで行くという運動ができるものです。近くの観光地まで行ったり、マンネリを防ぐ為にコースを変えたりと、心身の調子や体力に合わせたトレーニングができます。楽しみが多いトレーニング方法であり、トレーニングに最も大切な、モチベーションを維持しやすいと言えるでしょう。

レーシングサイクルで筋力アップを始める前にやっておきたい事

実際にレーシングサイクルで筋力アップを図るには、まず、適切な自転車と道具を入手しましょう。いずれもサイクリングショップで購入するのが無難です。自転車はどれも同じように見えて、使用されている素材やパーツが大きく異なります。

筋力アップならば用途はトレーニング用ですから、店員にトレーニング目的である事を伝えて、自転車選びを手伝ってもらいましょう。初心者には気づきにくいポイントを押さえた、確実なチョイスができます。近年はインターネットを利用した購入も盛んですが、実物に跨らないまま自分に合う自転車を選ぶのは上級者でも難しいものです。

実際にレーシングサイクルを始める前の注意

準備が整い、トレーニングを始める段階に入った時に気を付けたいのが安全確保です。原則車道走行や手信号等の交通ルールだけでなく、自分の体を守る事も忘れてはいけません。まず、トレーニングは日を置いて行いましょう。毎日筋肉痛に耐えてハードなトレーニングを続けていては、体に負担がかかり過ぎて故障に繋がります。

また、万が一怪我やリタイアをした時に備えて応急処置の方法を身に付け、連絡や移動の手段も確保しておきましょう。その他にも、トレーニングは適切な日を選んで行います。雨や雪等の天候不良時は事故が起きやすく、猛暑日は体を消耗させるだけです。

レーシングサイクルは目標を達成しやすいトレーニングです。最初は往復するだけで筋肉痛になっていた所へ、楽に行き来できるようになる。いつもは立ち漕ぎで登っていた坂を座ったまま登れるようになる。こうした成果が、より遠くへ、より困難へと心身を向上させるやる気へ繋がります。