レーシングサイクルの安全対策

レーシングサイクルは風を直に感じることができるスピードを体全体で体感できる乗り物です。生身で自動車と同じ車道を高速走行する大変危険な乗り物でもありますので、安全対策をしっかりとして乗ることが重要です。

レーシングサイクルは軽車両である

軽いと言う字がついていますが車両である以上は車道を走る必要がありますので、信号だって、進行方向だって勿論守る必要があります。まずは「自転車は自由」と言う概念を捨てることです。レーシングサイクルは自分の体がエンジンの立派な車両だからクルマと同じ規則を守らなければと思いましょう。そうすることで他者への不慮の事故を防ぐことができます。

動力も制動も操舵も人力である

軽車両と言いましたが、結局は生身の人がむき出しでまたがっている乗り物に変わりありません。クルマとぶつかれば100%被害を受けますので、常に注意を怠らないようにしなければいけません。

排水溝やゴミ、段差など車道には危険がいっぱいですのでしっかり前を見て走行しましょう。初めて走るときは道路の状況を把握しながらあまり速度を出さないようにしてください。特にトラックなどの横を走る時も巻き込みや風圧など注意が必要です。運転手にしても何か起きないかと横を走られることを嫌がる方もいます。そんな時は安全を優先して、譲り合いの精神が必要です。

何か起きた時のためのヘルメット

どれだけ注意しても公共の場である以上、何が起こるかわかりません。転倒や衝突などが発生するリスクはゼロにはなりません。そんな時でも最低限自分の身だけは守る必要があります。自転車は買い替えられますが、体はそうはいきません。頭以外は転び方しだいで重軽傷が変わってきますが、頭はぶつかってしまっては無事と言うわけにはいきません。そんな時はヘルメットが重要な役割を果たします。

安全性は金額の高低によるわけではなく、着用の仕方に影響を受けます。いろいろな色や形があるので、自分の気に入ったものを選ぶといいでしょう。自分の頭のサイズにあった着用感のよいものを選びます。そしてあごひもを固定したときに指が1〜2本入る程度のゆるみを作り、大きく口を開いて苦しくならなければ適正です。

レーシングサイクルの安全対策は自分の意識の持ち方で変わってきます。理想の走り方をするならそれなりの対策が必要と言うことです。他者にも自分にも安全な走り方ができて初めて楽しさが実感できるはずです。