レーシングサイクルとは

レーシングサイクルとは、自転車競技に使用される自転車の事です。中でも、日常で目にする機会が一番多いのはロードバイクでしょう。レーシングサイクルと普通の自転車は見た目が大きく異なりますが、姿形だけでなく、用途の向き不向きも同じくらい違っているものです。

レーシングサイクルと普通の自転車は何が違うのか

ロードバイクに代表されるレーシングサイクルは、特定の自転車競技に向いた進化をした自転車です。例えば、ロードバイクであれば軽量でギアが多く、人間の力をより効率良く利用できるように作られてます。ペダルを軽く踏み込んだだけで自転車が滑るように動き出し、頑張って踏み込む事なく高速走行を行えるでしょう。

その反面、こまめなメンテナンスを必要とする繊細な所もありますが、メンテナンスが簡便に行えるように設計されていて、修理用品も充実しています。パンク等の軽いトラブルであれば、普通の自転車よりも素早く簡単に応急処置が済ませられるでしょう。

長距離走行もレーシングサイクル

レーシングサイクルという名前からは、100m走の様な短距離を高速走行する印象を受けるものです。しかし、世界三大自転車レースとして知られる、フランスのツール・ド・フランスやイタリアのジロ・デ・イタリア、そしてスペインのブエルタ・ア・エスパニョーラは全て、半月から一ケ月近くをかけて長距離を走破する競技です。

それらの自転車レースに参加する選手はロードバイクで参加していますが、ロードバイクに特徴的なドロップハンドルや、地面に足がつかないほど高くセットされたシートは、いずれも長距離を楽に速く走行できる方法を追及した結果生まれたものです。

レーシングサイクルの意外な使われ方

長距離を楽に速く走行できるロードバイクは、ビジネスでも利用されているものです。代表的な使われ方はメッセンジャーでしょう。ロードバイクは、モデルやライダーによっては自動車と大差無い速度で走行する事もできます。また、道路によっては公共交通機関よりも早く移動できますので、通勤に利用する方も少なくありません。

毎日の通勤に利用するには雨の日に大変だと思われるかもしれませんが、自転車走行向けのレインウェアやシューズカバー等が販売されています。他の移動手段同様、対策をしたから絶対安全という訳ではありませんが、十分な対策が行えるものです。

レーシングサイクルは、競技毎に特化した自転車です。その代表格とも言えるロードバイクは、長距離を楽に速く走行できる特徴から普段使いにも適しています。これまでシティサイクルやママチャリを利用してきた方は、一度試乗してみる価値があるものです。楽に速く走行できる事は、高価な値段に見合った価値があるものと理解できるでしょう。

レーシングサイクルの魅力

ロードバイクやシクロクロス、ピストバイク等、レーシングサイクルと呼ばれる競技用に近いスポーツタイプの自転車ブームが長く続いており、その魅力について迫ってみます。

エコの観点から見たレーシングサイクルの魅力

昨今のエコブームの中、車もガソリン車からハイブリットカーや電気自動車、後々は水素自動車など、地球環境に優しいスタイルの物が主流になってきておりますが、都市部等では、車やバイクと違い渋滞に左右されない為、一般企業がメッセンジャーとしてロードバイクと乗り手を雇用したりと、その機動性から考えても、レーシングサイクル等自転車の利便性が非常に魅力的となっています。

極めて高い駆動性

レーシングサイクルの魅力を語る上で、一番はその高い駆動性にあります。電気の力を借りるアシスト自転車と違い、多段ギアにより、あらゆる路面状況に対して、タイヤを回転させる為の負荷を調整する事が出来る為、駆動力をもっとも生かした形で走行する事が可能となっています。

またレーシングサイクルのタイプによっても異なりますが、どの車種においても、最低でも車の倍以上の圧倒的な空気圧を込めたタイヤにより、通常の自転車のタイヤよりも接地面積が少ない分、タイヤが回転し続ける(転がり係数)力が高い為に少ないペダルの回転で大きなタイヤの回転が得られ、それにより快適な走行が長時間可能となっています。

ロングライドを可能にするライディングポジション

レーシングサイクル未経験の方にとっては、街で見かけた時、その独特のライディングポジションに対して、敷居の高さと共に、走行時の疲労が高いと感じてしまうかもしれないですが、あのポジションこそが人体構造上、最少の力で最大の駆動を得る為に、考え抜かれた結果なのです。

通常の自転車よりも高い位置に設定されたサドルから、足が伸び切った時点をペダルの最下底部にする事により、駆動力の基礎とも言える、足の回転運動から得られる力を一切無駄にする事無くタイヤに伝え、サドルが高い事から得られる前傾姿勢もまた、上半身の力をハンドルに余す事無く伝える事が出来、乗っている者に長い時間レーシングサイクルの爽快感を伝え続ける事が出来るのです。

今、巷では非常に多くのレーシングサイクルを目にする事が出来ます。あらゆるニーズに応えられる様に、スタイルや価格において様々なタイプが用意されているので、自分にあった「一台」を見つけて、その魅力に直接触れてみてはいかがでしょうか。